― アストン・マーチンの歴史 ―
アストン・マーチンの歴史は、1910年代前半、第一次世界大戦直前に遡ります。2人の英国青年、 ライオネル・マーチンとロバート・バムフォードは、英国のポピュラーなライトカー、「シンガー」をモディファイしてレースに出場したことから端を発します。2人は、1913年、ロンドン郊外に「バムフォード&マーチン社」を設立。し、チューンしたシンガーで、多くのヒルクライム・レースに出場し、好成績を残しましたが、自ら、ライトウエイトのスポーツカーを製造する事を考えました。

“アストン・マーチン”という車名は、当時、ヒルクライム・レースのコースとなった“アストン・クリントン”という地方名と、彼の名前、マーチンを組み合わせたものです。

戦後も彼らのプロトタイプでのレース挑戦は続き、輝かしい成績と名車を生むことになります。さらに1925年、最初の市販モデルがモーターショーに発表されますが、パートナーのバムフォードは事業から手を引き、その後、倒産。しかし翌年には、メカニックでありドライバーであり、そして、カーデザイナーでもある、アウグストゥス・ベルテリとウイリアム・レンウィックが、アストン・マーチン社を再建。ベルテリ時代、車の技術的な進歩は向上し、ワークスカーはルマンなどでも好成績を上げました。

そして次の時代を築いたのが、1947年、48年と続けて、アストン・マーチン社とラゴンダ社を買収したサー・デイビッド・ブラウンです。彼の25年間は、多くの名車DBシリーズが誕生するなど、アストン・マーチンの歴史上、最も輝いた時代となります。

 

英国A.M.O.Cと A.M.O.C/J

<英国A.M.O.C>

アストン・マーチン・オーナーズ・クラブ(A.M.O.C)は、1935年、英国に創設。英国を本部とし、世界21ヶ国にレップ
(支部)を有する、最も古いワールドワイドなカークラブ組織。その会員数は6,000名にも達します。
創始者はモーリス・グッドオール“モート”氏。(Mr. Morris-Goodall “Mort”、1907〜2001)そして現在、
会長は、ドーン子爵夫人(The Viscountess Downe)代表は、ジョン・パーサー氏(Mr. John Purser)です。


      
      (写真) 
      クラブハウスは、長い間、Suttonにありましたが、1989年に、築600年以上の歴史ある、農家の納屋を入手。
      改装して2001年に、新クラブハウス『The Barn』として完成。室内には、歴史的な資料やアストンがディスプレイされています。
       (本部:Drayton St. Leonard, Oxfordshire)


<A.M.O.C/J>

アストン・マーチン・オーナーズ・クラブ・ジャパン(A.M.O.C / J)は、英国A.M.O.Cの公式な日本支部として1979年に設立。本国と同じく、入会のために、オーナーであることを必要とせず、その歴史と伝統を重んじることを重要と考えます。A.M.O.C / Jの会員数は、現在90名。クラブ代表は、日本支部の創始者でもある島崎保彦。
(日本支部:東京・港区南青山)

      
      (写真)
      A.M.O.C創始者モート氏と、島崎代表。
      1995年、クラブ創立60周年記念ツアー(Diamond Jubilee / French Tour)、“ O” 城(CHATEAU d “O”)、
       バンケットホールでのスナップ。


 

 

 

このサイトに関する全ての著作権は、A.M.O.C/Jに帰属し、A.M.O.C/Jの事前許可なく、このサイトに掲載また表示される文書、ロゴ、イラストデザイン、
写真等の全てまた一部を、複製・改変・転用などのいかなる手段と形式をもって、このサイトの閲覧以外の目的に、使用及び利用することを硬く禁じます。

 
 

Copyright(C) 2011 A.M.O.C/J All Rights Reserved.